>

話したがっているお客さん

しっかり話を聞いてあげる

キャバクラを利用するお客さんは、簡単に分けて2種類存在します。
まずは、自分の話をしに来ているお客さんです。
そのような人を接客する際は、話を聞くことに専念してください。
お客さんが話したいことがあるのに、こちらの話をするとお客さんが話す隙間がなくなってしまいます。
それではお客さんの喋りたい欲求を満たせないので、接客が失敗するでしょう。

何度かキャバクラを利用しているお客さんなら、何をしたい人なのか大体わかっていると思います。
しかし初めて訪れたお客さんは、まだどのような人なのかわかりません。
それでも着席してすぐに、お客さんの特徴を判断しなければいけません。
そのために、よくお客さんの態度を観察してください。

緊張をほぐすために

もう1種類のお客さんは、キャバクラという場所に来るのが初めてで、緊張している人です。
そのような人は何を話せば良いのかわからず、こちらも黙っていると無言の時間が続いてしまいます。
雰囲気が気まずくなるので、こちらから話しかけてください。
話しかける際は、愚痴や他人の悪口は避けましょう。

盛り上がりやすい話題ではありますが、ネガティブな内容ではお客さんが楽しくありません。
また他人の悪口を言うことで、性格が悪いと思われる可能性があります。
当たり障りのないことを会話にしながら、お客さんの緊張を解いてください。
緊張しているお客さんには、自分と話すのは楽しいと思ってもらいましょう。
すると、今後もお店に通ってくれるはずです。


この記事をシェアする